常識を疑え!幸せになろう

どうも、まつばやしです。昔から思慮深い性格で、いろいろ思考するのが好きな男です。新卒で入った会社を速攻辞めた、まつばやしの今後に乞うご期待あれ!

駐車場にて、接触事故の加害者に。が衝撃の結末が!

スポンサードリンク

どうも、まつばやしです。

 

 

タイトルにもあるとあり、私がブログを休んでいる間に駐車場にて接触事故の加害者になってしまいました。

 

 

この数日間、この出来事のせいで完全に絶望に人生に絶望していました。廃人のように、心を失っていました、、、

 

 

事件の経緯。

f:id:ganbare-matsubayasi:20170629211449p:image

私のホームから「まつばやしの人生録」を見ればわかると思うのですが、私の鬱状態の時の記事と精神が正常な時の記事がはっきりわかりますよね。

 

 

前回の記事ですが、これです⬇︎

 

 

ww.ganbare-matsubayasi.com

ww.ganbare-matsubayasi.com

 

 

お分かりのとうり、人生に絶望していたまつばやしが給料日まじかということでやっと、精神の正常を取り戻してきたのですが、、、

 

 

事件は起きました。

 

 

私は給料日ということで、浮かれまくっていました。PS4を買うために、ゲーム屋に向かい無事に購入!!早く帰ってゲームしたい!

 

よし、給料日も入ったし。某フードチェーンで美味しいものでも食べよう!ということで停車

 

 

そして、おりる前に少しだけ荷物の整理をし始めたその時!

 

コツン!

 

 

なんと、パーキングに入れたつもりがドライバのままでクリープの速度で接触してしまいました。

 

が、私は接触の感覚は一切なしで、あぁ助かったーとおもった瞬間

 

 

相手が降りてきて。「あたりましたよね?」

 

 

もう、まつばやしは頭真っ白、、、、、、

 

 

ライトで照らしてみると、傷があるようなないような。私はとにかく謝りました、、現実を受け入れられませんでした。

 

どうすればいいのかわからず、相手は大人だったので未成年の私に変わって話を進めてくれました。

 

 

が、相手は傷もよくわからないし。 後日連絡ということでという話になりました、、、

 

解散しました。

 

あんなに楽しい気分でゲーム買いに行ったのに、一気に地獄へ。。。

 

 

そして、絶望へ

f:id:ganbare-matsubayasi:20170629211414j:image 

普通の人なら、なーんだそんなことかって感じですけど。私は、違います。

 

私の人生は苦難の連続でした。⬇︎

 

 

ww.ganbare-matsubayasi.com

 

きっと私の人生なんて、自分の人生に比べたらマシだという人もいると思いますが。人それぞれの辛さってあると思うんです。

 

 

いろいろ辛い経験をしてきてやっと、いい職場とお金を稼ぐ喜びをしりました。

 

すこしだけですが人生良くなってきた矢先のこの事件です。

 

 

まず、私が頼ったのはやはりネットの記事です。

 

 

自分が過去に書いた記事を何回も読み返しました。⬇︎

 

 

ww.ganbare-matsubayasi.com

 

 

みると、

 

事故が起きたら警察を呼ばないのは違法行為!

 

バンパーだけでも、10万程になる!

 

ほんのかすり程度でも、かなりの額を請求される!

 

 

などなど、私をさらにどん底へ、、、

 

 

さらに見ていくと、警察に届け出なかったことで、あとあと多額の請求をふっかけられたなど

 

 

私はもう、終わったと思いました。結局幸せになっても、必ず不幸になる人生そんな私の人生に絶望しました。

 

 

死にたい

 

疲れたよ人生に、

 

 

もう、ご飯も喉を通らないし、

 

 

不安で寝ることもできなかったです。

 

 

なんで、私の人生ってこう辛いのだろうか。

 

 

きっと、多額の請求を払うことになるだろう、保険を使ったら3等級下がりで、今後が大変になるし。

 

お金もない、

 

詰んだ

 

 

いっそ死のう

 

 

でも、死ねなかった。

 

 

そこから、2日間絶望で、もう死にそうになっていました。

 

だれか、助けてくれ、、どうして俺の人生はこうなってしまうんだろう。

 

 

親に相談して見た

f:id:ganbare-matsubayasi:20170629211307j:image

 

私は、昔たくさん親に迷惑をかけたので、親に相談することや、親に心配をかけることがなにより怖かったのです。

 

勇気を出して相談。

 

 

ある助言をもらいました、明日誠心誠意謝罪の電話をしなさいと、

 

 

私は電話が怖くて怖くてしかあなかったです。死にたい。

 

そして、私は謝罪の電話をしました。

 

 

「この前駐車場で接触してしまったものですが、、、、」

 

そこから先は何を言ったのかよく覚えていません。必死に謝りました。

 

 

すると、

 

「見た感じ傷もないのでいいですよ別に」

 

と、

 

 

この一言で一気に涙が溢れてきました。救われた。

 

 

まだ、人間に希望はあった

f:id:ganbare-matsubayasi:20170629211245j:image

相手は優しい方でした。泣きそうな私に優しく対応してくださりました、ほんとうにありがとうございます、、、

 

 

日本には、ほんのすこしの傷で高額請求をする人がいるようです。

 

こんなのおかしい、もっと優しさに満ち溢れた国なって欲しい。

 

 

私がいつか同じようなシュチュレーションで被害者になったのなら、大きな傷にならない限りは相手を許すことにします。

 

今回受けた恩を私は見習おうと思いますが。多少の傷がなんだよ!

 

 

私も、不安になっている相手に優しく対応し、許せるような人間になりたい。そう思いました

 

 

細かいことをきにする前にもっと大切なことがあるんじゃないか?

 

 

外国では、多少ぶつかっても何も誰も文句を言わない国があるそうです。そうゆう、優しさに満ち溢れた国になって欲しいなぁ

 

 

最後に

 

人生は谷あり山あり。

 

今回私は、谷を経験したわけです。きっと次は山。

 

 

それを信じてもう少し生きてみようと思います

 

では、

 

 

自動車事故の過失認定

自動車事故の過失認定

 

 

 

スポンサードリンク