常識を疑え!幸せになろう

どうも、まつばやしです。昔から思慮深い性格で、いろいろ思考するのが好きな男です。新卒で入った会社を速攻辞めた、まつばやしの今後に乞うご期待あれ!

人生を素晴らしいものにしたいなら考えるな

スポンサードリンク

どうも、まつばやしです。

 

今回の議題は、悩み事は悩むから生まれるということです。人間にとって悩み事は、一生付きまとってくるものでしょう。

 

悩み事の種は、次から次へと生まれるのが人間の宿命なのでしょうか?実際そうなのですが、その定めを少しでも、軽減するヒントをお教えします。

 

まずは、私の経験談からどうぞ!

 

過去ファイル1

私、まつばやしは買い物がすきなのです。ちょくちょく特に欲しいものもあるわけではないけど、ショッピングにでかけます。

 

その日も車でドンキホーテに来ました?ことに気づいたのは。帰宅後でした。

 

なんと約1週間の間財布なしで、買い物に来ていたのですww

幸い何も買い物はしていませんでしたが、買っていたら大恥をかいていましたww

 

その後、私はこの事件について考えました。

 

この一週間財布が無いことに気づきならが買い物をしていたら、財布がないという悩みが発生してたことでしょう。

 

だけど、全く気づかない私は、財布について考えることすらしませんでした。

 

ましてやは、自分もすきな買い物をしてるということに対してを楽しんでいました。

 

つまり、悩み事は全て自分次第ということです。途中で私が、財布が無いことに気づいてしまっていたら、どうでしょう?

 

財布が無いことに途中で気がついていたら、楽しい時間は、180度反対に傾き、

 

不安という感情に変わります。

 

一週間後に、財布が無いことに気づいた私は、

「一週間前に買い物してたら大恥だったなぁーwww」

 

の、一瞬の不安で終わりです。

 

ですが、財布が無いことに気づいていたら、その一週間の間は、不安の感情が続きます。

 

まぁ、つまり考えることは無駄な労力であると言えるでしょう。

 

考える時間があるなら楽しもう

人間というものは、考えることによって悩み事が生まれていきます。

 

ポジティブな悩みだったら良いのですが、人間から発生する悩みは80パーセントの確率で、ネガティブな悩みごとです。

 

考えることは、時間も消費するし精神的にもネガティブになっていきます。

頭の中で、不安が生まれたら考えないことを心がけましょう、

 

考えても、解決するなんてことは滅多にありません。ほとんどは、外から受ける悩みであることが多いでしょう。

 

不安や悩みを解決するのは、時間と他人であると言えるでしょう。

 

つまり、考えるだけ無駄です。!!!!!!

 

能天気ぐらいが丁度いい

 

能天気ぐらいが、丁度いいです。人間は、真面目な人程、損をしています、、、、、、。

 

私も、真面目な人間なのでめちゃくちゃ損をして来ました。真面目な人は、全てを完璧にこなそうとする傾向があります。

 

真面目な人は、断りにくい性格でもあります。 本当はやりたくない仕事でも、正義感と責任感が強いため、うまく断れずに引き受けてしまいます。 正しい心は持っていますが、その正義感と責任感につけ込まれ、人から言いように使われやすい傾向があります。

 

この様な経験から、不安や悩みが溢れ出し、性格がどんどんネガティブになり、、うつ病になってしまう人が、現代社会に溢れています。

 

もっと楽に生きるために、能天気ぐらいがちょうど良いものです。

 

一度は、人間やめたいと思ったことがある人も多いでしょう。動物は、気楽で羨ましいなんて私もいつも思っています。

 

もっと気楽にいきて見ませんか?

 

真面目を辞める方法

では、こうなったら真面目を辞めちゃいましょう!真面目から解放されることは、あるいみ最強です。

 

吹っ切れてやりましょう。もっと楽になる方法を紹介します。

 

いろいろ方法はあると思いますがまずは!いつ死んでも良いという気持ちを持ちましょう。

 

よくある寿命があと何日という設定の映画の主人公たちは、皆自分の命の残り時間を知った時に、取る行動というのはだいたい決まっています。

 

それは、我慢していきていた自分を解放し、真のありのままの自分が自然にてでき、やっと自分の残り時間を謳歌しようとします。

 

その状態の主人公たちは、もう無敵です。なにも、恐れるものがないからです。私は、その時こそ、真に生きていると思えるのです。

 

この状態を普段から作り出すことができたら、なんて楽しい人生何だろうなんて思います。

 

人生は、楽しんだもの勝ちです。

 

名言のコーナー

人生は芝居のごとし、

上手な役者が乞食になることもあれば、

大根役者が殿様になることもある。

とかく、あまり人生を重く見ず、

捨て身になって何事も一心になすべし。

- 福沢諭吉 -

(江戸時代末期から明治初期の中津藩士啓蒙思想家、教育者 / 1835~1901) Wikipedia

 

 

最後に

人生は、どうせなら楽しいものにしたいはずです。ならば、少しずつ考え方を変えて生きましょう。

 

ちょっとした自分の考え方で世界は180度転換してしまいます。

 

我慢する人生から抜け出るために自分に正直になりましょう。人生はもっと楽しいはずのものなんです、人生を楽しんでる人たちは、みなもっと気楽に生きています。

 

では、また今度!

人生を楽しく幸福に生きる法

人生を楽しく幸福に生きる法

簡単な人生 -楽しく、らくに、単純に生きる-

簡単な人生 -楽しく、らくに、単純に生きる-

どうしたら、人生は楽しくなりますか? 14歳からのメンタルヘルス

どうしたら、人生は楽しくなりますか? 14歳からのメンタルヘルス

スポンサードリンク